外国人留学生と地域住民の交流会(注連縄つくり体験)

平成27年10月25日(日)に「外国人留学生と地域住民の交流」が行われ,注連縄作り体験をしました。2月のお茶会に続き、2回目の地域住民との交流となりました。寮居室の扉に飾れるくらいの小さな注連縄を作らせていただき、お昼には新米のおにぎりをごちそうになりました。おにぎりはお土産にもたくさん持たせてくださり、参加した留学生たちは、とても楽しかったと喜んで帰ってきました。

 

 

 

外国人留学生と地域住民の交流会

平成27年2月1日(日)に「外国人留学生と地域住民の交流」が行われ,日本の伝統文化である茶道の体験をしました。
女性は和服を着付けて頂いての参加で,作法と合わせて講師の宮田先生からは,茶道の歴史,一期一会についてお話をいただきました。
茶器の見方や掛け軸,お花の意味まで,本格的なお茶会さながらのご指導をいただき,参加者一同楽しいひと時を過ごしました。
最後に留学生からは謝意が述べられお開きとなりました。
講師の宮田先生,地域の尾田先生,その他ご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。

外国人留学生日本文化体験

2014年12月7日(日)に「外国人留学生日本文化体験」が行われました。

今年度の体験内容は 「書道体験 ― 年賀状を書く ―」 で,字遊塾主宰 山口松園先生を講師にお招きし,書道のルーツや年賀状についてご説明いただき,皆で年賀状に来年の干支「羊」を書いてみました。
前田寮務主事や国際交流委員の松本先生も留学生と共に筆を持ち,それぞれ個性的で素敵な作品に仕上がりました。

年賀状制作に続いては,講師と字遊塾アシスタントによる大作揮毫パフォーマンスの見学をしました。 母国を離れ日本で学ぶ留学生たちに「麗澤」(友人とともに学を講じ徳を修める)の文字を贈られました。

H26_ryuu_nihonbunka_06_R

和装体験

学生寮指導員(通称寮母さん)のお取り計らいにより,着付師の山田さんがボランティアで女子留学生に 和装体験をさせてくださいました。留学生は用意された和服を自分たちで選び,それを着付けていただき,たくさん写真を撮ってとても喜んでいました。仕上がりを見た男子留学生たちも,いつもと雰囲気の違う彼女たちにすっかり見とれていました。

高専祭バザー

高専祭の模擬店では,留学生はホショール(モンゴル料理)を作っていました。モンゴルでは定番中の定番の料理のようで人気でした。

 

短期留学生送別BBQパーティー

11月3日に本校の留学生主催で、11月上旬帰国予定の短期留学生送別BBQパーティーが行われました。
日ごろ研究室でお世話している学生たちも招待されていました。