ヌーシュー(ラオス出身)

ヌーシュー(ラオス出身)

はじめまして、私はラオスから来たヌーシューといいます。日本に来てもう一年以上が過ぎました。しかし、日本語がまだ上手ではありませんので、まだいろいろなことが分かりません。でも、分かることは、日本の文化や習慣がすばらしいです。日本での3年間で様々な経験をたくさんしたいので、よろしくお願いします。

ところで、ラオスをちょっと紹介したいと思います。ラオスは、東南アジアのインドシナ半島に位置する共和制国家です。面積は236,800平方キロメートルで、2017年人口は697万人です。ラオスが自然国、約70%が高原や山岳地帯で、海はなくタイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、中国と国境を接します。北部山岳部から西部にメコン川が流れ肥沃な土地を作っています。ラオスでは68民族が会うって、それぞれの言葉や習慣などがありますが、言語はラオス語です。

私は中学生頃から外国に留学を希望したいと思っていました。インタネットを通して日本の情報をいろいろ知って、日本の技術や留学に興味を持っていました。去年の4月日本に留学に来ました。日本語学校が始めてのとき日本語が分かりませんでしたので、とても大変だったです。日本語も難しいし、国によって文化や生活なども違います。そして困ることも増えてきましたが、日本の文化や習慣などがとても面白くていろいろな活動に参加して、料理も美味しいし、人々も優しいです。ですから、生活はだんだん慣れてきて、楽しです。

これから、北九州高専での3年間、日本の技術を勉強しながら経験したいと思います。そして物質化学で勉強することを頑張ります。

ユニタ(インドネシア出身)

初めまして、インドネシアから来たユニタです。
北九州高専に入ってもう1年間2カ月が経ちました。今年化学コースの4年生です。
去年編入した経験は辛いことも嬉しいこともありました。国語力が足りないから、調べる時間が多くて、教科書も読み理解するのが辛かったが、クラスで仲が良い友達たちが、いろいろな学校での生活を助けてくれました。また、この高専にも海外留学したことがある学生が結構いて、視野が広くて留学している私の気持ちが良くわかってくれたから、とてもありがたく感じて、素晴らしく思えています。
日本の文化と制度とシステムをまだ知らなくて、学んでるところに日本での生活は大変なことが結構あって、寮の事務の人たちがすごく優しくて、日本での生活をいろいろと助けてくれて嬉しかった。
寮と学校以外も日本人のホストファミリーがいて、ものすごく優しくて、結構一緒に旅行したり家に泊まったりしていました。
また、国の友達たちが私と離れても、私のことを忘れないで結構連絡が来ました。昔の友達と今周りの友達を大事にしています!
日本にそのような優しい人たちに出会って一番いいことと思って、とても感謝しています。やっぱりそのような人たちは何よりも大事です!