アールン (ラオス出身)

はじめまして。ラオスから来たアールンといいます。高校を卒業してから、日本に来てもう一年間たったんですが、去年は東京にある日本語学校で日本語を勉強してきましたが、日本語がまだうまくできなくて、今年からこの学校の電気電子工学科で勉強することになったので、皆さんこれからも3年間でよろしくお願いします。

ところで、ラオスという国は小さくて、あまり有名ではないので、知らない人も結構多いと思いますが、なるべく皆さんにラオスのことを紹介させてもらいます。

まず、ラオスは東南アジアに位置して、タイとベトナムの間にあります。5ヵ国とつながっていますが、もともと海とはつながっていないので、人々の日常生活はメコン川に依存して、生活しています。面積は28万で、日本の約倍ですが、面積のわりには人口が少なくて、2012年にはおよそ600万人しかいなかったそうです。また、ラオスに住んでいる国民は様々な民族があって、それぞれの違う言葉や習慣などを合わせて、言葉が通じるようにラオス語が使われます。

次に、ラオスの観光地については、やはりルアンパバーンです。ここには有名なお寺もたくさんあるし、きれいなお城も有名な滝もあり、1998年にルアンパバーンは世界遺産になって、1年中に観光客が訪れます。

最後に、代表的な食べ物といえば、やはりタムマグブンです。少し辛いですが、これを一口食べてみれば食べることをやめられないほどおいしいです。もし機会があれば、ぜひラオスへ旅行に来てみて下さい。

私は日本の文化や発展した技術に興味があって、日本に来ました。この学校では勉強することはもちろん、コミュニケーションを取ることも頑張ります。